Story
仲の良い兄弟、兄の西野耕平(松田悟志)と、弟の雅也(藤沢大悟)は、両親を一度に交通事故で亡くしてしまいます。一流シェフを目指し東京で修行をしていた耕平は、両親が経営していた、海辺の小さなホテルを継ぐ事を決意します。一方、雅也も画家を目指しながら協力する事にしました。ホテルを再開したものの客は来ず、小奇麗なロビーには、耕平が生まれた時に父親が買ってくれた大きな柱時計が正確に時を刻んでいた。


ある日、ホテルにやって来た若い女性、相川彩華(松本まりか)が、予約も無しに独りで長期滞在したいと言う。怪しく思った兄弟は、満室だと言い断ろうとするが、突然、大きな柱時計の鐘が、ゴーンゴーンと鳴り響いた。耕平は、柱時計がその客を歓迎したと思い宿泊を了承してしまう。困惑する雅也でしたが、女っけのない男兄弟には、毎日が新鮮に感じられて楽しい日々が続く。いつしか兄弟は、彩華の天真爛漫な姿に惹かれて行くのだったが・・・・・・