●オープニングテーマ「GRANDFATHER'S CLOCK(大きな古時計)」をジョンテ&エリアンナによる初デュエット
作詞・作曲:ヘンリー・クレイ・ワーク 編曲:谷口尚久
唄:ジョンテ&エリアンナ

ジョンテ

コメント:幼い頃によく耳にしていた童謡を大人になった自分が歌わせて頂き不思議な気持ちになったのですが、感慨深い出来事になりました。全英語歌詞という点は初めての試みでもあったので、英語の響きも楽しませていただけました。そんな楽しい気持ちも伝わると嬉しいです。

12月17日生まれ、大阪府出身。2007年、「ゆれる」で日本・中国・韓国の3カ国同時歌手デビューを飾る。2009年からは舞台やドラマにも活躍の場を広げ、「海盗セブン」「愛の唄を歌おう」「ウィズ~オズの魔法使い~ 」「No.9-不滅の旋律-」「それいゆ」「Kinky Boots」などのブロードウェイミュージカルや地球ゴージャス公演にも参加を果たす。2017年4月26日、デビュー10周年記念盤となる「Delight」、2018年12月17日には初のライブDVD「JONTE Live at Billboard Live OSAKA」2019年1月25日、「ミトジョンテⅡ」(ミトジョンテ名義)をリリース。シンガーソングライターでキーボード・プレイヤーでもあるミトカツユキさんと「ミトジョンテ」としても活動中。

 

エリアンナ

コメント:美しい海、美しい空そして美しい愛の物語。心がじんわり温かくなりました。多くの人に知られている名曲『大きな古時計』を歌わせて頂きこの素敵な映画に参加できたことを幸せに思います。

ミュージシャンの両親を持つ、ブラジルと日本人のミックス。7歳でマイケルジャクソンのライブステージに出演し、03年DJ KAORIプロデュースで歌手デビュー。2020年東京オリンピック招致PR映像「Feel the Pulse」でダイナミックな歌を世界に披露。ミュージカル『RENT』『アイ・ガット・マーマン』『ウィズ〜オズの魔法使い〜』『愛の唄を歌おう』『プリシラ』『キューティーブロンド』『ビューティフル』『メリー・ポピンズ』『ファントム』『CHESS THE MUSICAL』『NINE』などへ出演。 ゲストボーカルとして澤野弘之作品やJazztronikなどにも参加。「進撃の巨人」などやNintendo Switchのゲーム『ARMS』公式テーマソングなど様々なアニメ・ゲーム楽曲や、多数のCMソングの歌唱も担当するほか、ライブ活動も行っている。




●イメージソング「序曲」川島ケイジさんのオリジナル楽曲
作詞・作曲・唄:川島ケイジ
編曲:谷口尚久

川島ケイジ

コメント:元々コンサートのオープニングの曲として作った この楽曲。 谷口さんの 素晴らしいアレンジで 新しい「序曲」が生まれました。 映画のシーンと重なった時に 言葉がメロディーが 新たな意味を生して行く感動を覚えます。

和歌山県出身のシンガーソングライター。関西インディーズ界きっての実力派として注目され、2016年 ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。圧倒的な歌唱力と成熟した大人の魅力に裏付けされた表現力、繊細かつダイナミックな歌声は、魅惑の3Dボイスと称され幅広い世代から熱い支持を得ている。全国のライブハウスやコンサートホールのみならず、高野山金剛峰寺、富岡製糸場、熊野本宮大社など世界遺産を舞台にした音楽活動も多数展開。「Chage Hall Tour 2017」全国10か所ゲスト出演やフジテレビ「MUSIC FAIR」、テレビ東京「THEカラオケ★バトル」出演が話題となる。全世界にインターネット中継された「WEIBO Account Festival in Japan 2019」では授賞式のフィナーレで歌唱披露し、国内外から大きな反響を呼んだ。2020年、音楽ライブ配信サイト「mahocast(マホキャスト)」にて毎月ライブ配信を継続。同年10月22日 配信シングル『シロヨヒラ』リリース。国内大手音楽配信サービス「オリコンミュージックストア」にて総合シングルダウンロードデイリーランキング第1 位 を記録。更なる活躍が期待される注目のアーティストである。

●中島みゆきをリスペクト~北海のシンガーソングライター、観月.さんのオリジナル劇中歌「月になる」
作詞・作曲・唄:観月.
編曲:谷口尚久

観月.

コメント:映画の一部として今回楽曲を使って頂けたことを、小人たちが踊り出すくらい嬉しく思います。想いしたためたこの曲が、小さな彩りとして添えられたなら幸いです。

北海道出身。夜と月の間で揺れる叙情をうたうシンガーソングライター。これまで「The10th Music revolution in 北海道」 にて優秀賞、「The Area circuit in 北海道」グランプリを受賞。また、北海道テレビ(HTB)「平岸我楽多団」にテーマ曲を、テレビ北海道(TVh)「青春サラブレッド~北海道静内農業高校の夏~」に挿入歌を提供するなど、活躍の場を広げている。ライブ活動と並行して配信ライブにも積極的に取り組んでいる。





●主題歌「大きな古時計」を久保田洋司さんのノスタルジックなハイトーンボイス
作詞・作曲:ヘンリー・クレイ・ワーク
編曲:谷口尚久 唄:久保田洋司

久保田洋司(The東南西北)

コメント:実家の祖母の部屋にあった、ネジ巻き式の古い振り子時計を思い出しながら歌いました。子どもの頃、ネジの巻き方を教わって得意になって巻いたものです。今、あの懐かしい音が聞こえてくるようです。

1966年10月28日生まれ 広島県尾道市出身。1985年 ロックバンド「The東南西北」のボーカルとしてデビュー。2020年 The東南西北デビュー35周年記念アルバム『朝露の首飾り』を発表。ソロやいくつかのユニットでもライブ等活動中。松田聖子「マリオネットの涙」、KinKi Kids「to Heart」、嵐「WISH」、Sexy Zone「よびすて」、ももいろクローバーZ「PUSH」、ソン・シギョン「しぶんぎ座流星群」、前川清「都風」、布施明「優しい歌」等、提供作も多い。

 


 

●エンディングテーマ「RIGHT NOW」を川畑要さんが熱唱
作詞・作曲・編曲:谷口尚久
作曲・唄:川畑要

川畑要(CHEMISTRY)

コメント:誰もが知っている名曲「大きな古時計」にまつわるこの映画に、エンディングテーマとして関わらせていただきとても光栄に思っています。谷口尚久さんと作ったこの曲が、この映画に寄り添える曲になっている事を願っています。

1979年1月28日生まれ、東京都葛飾区出身。テレビ東京系「ASAYAN超男子。オーディション」で、堂珍嘉邦とともに全国約2万人の候補者の中から選ばれ、ヴォーカルデュオ『CHEMISTRY』として、シングル「PIECES OF A DREAM」で2001年3月7日デビュー。1stシングルが16週連続TOP10入りという驚異的なロングセラーを記録し、いきなりのミリオンヒット。1stアルバム「The Way We Are」は300万枚のモンスターヒットを記録。同年、NHK紅白歌合戦に初出場し、瞬間視聴率No1(関東圏)を獲得。『CHEMISTRY』はヴォーカルデュオの代名詞となり、CD総売上枚数は1,800万枚を誇る日本を代表するアーティストとなった。シンガーとしての活動のかたわら、2012年1月~3月には関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ「ハングリー!」にレギュラー出演し、俳優デビュー。2012年10月3日、シングル「TOKYO GIRL」で待望のソロデビューを果たした。2020年6月、川畑要のYouTubeチャンネル"KKTV"を開設、同年10月には19年所属していたSony Music Artistsを離れ、ソロ活動として個人事務所・株式会社タートルエンタテインメントを設立しマルチな才能を活かし活躍の場を広げている。

●本作で唄われた、全ての歌唱曲のアレンジとレコーディングをプロデュース

谷口尚久

コメント:映画の世界観に寄り添えるよう編曲させて頂きました。5人(川畑要、ジョンテ、エリアンナ、川島ケイジ、観月.)の素晴らしいボーカリストのおかげで会心の音を創り上げることが出来ました。参加させて頂けたご縁に深く感謝します。

13歳で音楽指導者資格を取得。自身のグループonoroff(オノロフ)にて、高橋幸宏プロデュースのアルバムを2作発表。 現在は、CHEMISTRY・SMAP・関ジャニ∞・中島美嘉・倖田來未・JUJUをはじめとするアーティストのプロデュース・楽曲提供・アレンジなども手がける他、TV番組・CM・ゲーム・映画の音楽にも携わる。 2010年に個人名義でのインストアルバム「JCT」、2016年に「DOT」、2020年に「SPOT」を発表。






●映画音楽
作曲:伊東正美・太田佐和子

伊東正美

コメント:小林監督との付き合いは既に20数年以上。監督のテレビドラマ初監督も僕が音楽を担当した長い付き合いです。今回のリメイク上映は、本棚から引っ張り出した忘れて掛けていた小説の行間に新たな物語を発見した心象です。

川崎市出身。12歳から作曲演奏活動を始める。19歳の時にサンフランシスコのカレッジへ。パンタ(頭脳警察)、中川五郎、制服向上委員会、石橋幸、泉谷しげる、ほか様々なミュージックのステージやレコーディングに参加。映画監督・山川直人との出会いを機にテレビ/映画の劇中音楽を手がけるようになる。自身のグループ「謡(ウタカタ)」ではライブハウスの他医療施設で音楽療法研究会として活動。KawasakiGPZ900R-A1でびゅ~んと暑くなく寒くない日だけ快走中。記憶に残る作品:「イバラードの旅」井上直久画、山川直人監督(テレビ朝日)「鏡」高野和明脚本、山崎哲演出、三田村邦彦主演(俳優座・グローブ座)、「時の香り~リメンバーミー」山川直人監督、吹石一恵、斉藤工主演(アスミックエース)、「グラウエンの鳥籠」秋元康企画、高野和明脚本、吉野紗香主演(セガ/アスキー)、「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ」原桂之介監督(東映)


太田佐和子

コメント:少し忘れかけていた作品が、今新たな映画となって蘇るのは不思議な気分ですが、同時にとても新鮮な感じでもあります。音楽も多彩に仕上がっているとのことで、小林監督の作品に関われた嬉しさとともに、みなさんにも楽しんでもいただけたらと思っています。

東京都出身。4歳よりクラシックピアノを始める。東京音楽大学ピアノ科卒業。在学中よりクラブやバーでの演奏を始める。女性だけのヨットチーム活動開始(J24クラス女子全日本レース優勝他)。2年間長野・白樺湖の乗馬牧場に住み込み、乗馬、スキー、更には蕎麦打ちまで教える。調理士と自動二輪の免許を持ち、シェフとライダーに変身もするサバイバル系ピアノ弾き。シャンソンやロシア音楽等、ポップス歌手との活動も多い。銘菓 「謡象焼」 を考案中。